NCW116HHD6のオーバーホール

NCW116HHD6のオーバーホールについて紹介します。
弊社の完全オーバーホールではすべての機械に対しこの工程でオーバーホールを行っています。

  • 準備と設置
  • 分解工程
  • 清掃工程
  • 組立工程1
  • 組立工程2
  • 塗装工程1
  • 塗装工程2
  • テーブル組立工程
  • 電気調整工程
  • 最終調整 出荷梱包

組付工程2
再塗装を行った油圧ユニットを組付けます。
分解してあったクラッチを洗浄し、内部のベアリング、消耗している部品を交換します。
また、スリップリング(ブラシの接触部分)に傷やへこみが確認された場合は再加工を行います。
オーバーホールしたクラッチを組み付けます。
組付け時の動作、精度を確認し不良が発見された場合は部品の交換を行います。
ガタの大きい中盤のピン穴はボーリングし直し、オーバーサイズの部品を製作し取りつけます。
洗浄、再塗装、調整を行った中盤やロッド、ピンを組み付けます。
組み付け後、再度各部の動作、精度を確認します。
前フレームを組み付け、この状態で仮配線をして、動作、異音を確認します。
動作異常、異音が確認された場合は、不良個所の再調整や部品の交換を行います。

前の工程へ 次の工程へ
断裁トラブル 消耗品
侍プロジェクト 資料請求

トライアルセット