“新生”永井機械製作所 改善活動のあゆみ

  1. 永井機械製作所では、業績改善への取り組みとして2009年10月に全社レベルによる
  2. 新生永井機械製作所緊急対策委員会を発足。現在も続く改善活動の軌跡をご紹介します。

活動開始

2009年10月
キックオフ
キックオフ
委員会発足
製造業の構造的不況により弊社も業績の悪化が懸念されたおり、会社存続危機の緊急事態とみなし、それを打開すべく、全社レベルによる新生永井機械製作所緊急対策委員会を発足。翌年3月までの期間限定プロジェクトとして、新たな永井機械製作所を目指し動き出す。
決起の様子
決起の様子
決起
大利根工場にて従業員全員が改善実績のある経営コンサルタントと初顔合わせをし、業務改善へ取り組んで いく決起を行う。この日から、新生永井機械製作所の努力と汗と涙の改善活動が始動する。
  工場見学
様々な難題を克服し業務改善の成功を果たした事例の取材として、若手の有志にて福島県で操業する㈱永沢工機様の工場を見学。改善を通した企業再生事例を目の当りにし、参加者一同の魂が熱く揺さぶられる。「我々も変わらなければ事業は続かない」ことを実感し、改善への思いが強くなる。
5S推進活動
5S推進活動
5Sの実践
後の5S推進プロジェクトメンバーにより、自発的な製造現場の改善を開始する。手始めに5Sの整理を実行。 組立作業エリアの不要な工具・器具・機械・備品を選別し廃棄する。廃棄物はトラック四台分にも及び、大量の 無駄なモノが作業の邪魔をしていたことを実感する。これにより、以前よりも小さい作業スペースでも問題なく作業ができる環境が整い、工場全体の空間にゆとりができた。残念なことに、後の5S推進プロジェクトメンバー以外には自発的な協力者がおらず、改善推進の難しさを痛感する。
  社内からの疑問の声
製造部長を中心に改善スピードアップ化計画を開始する。お金をかける計画とかけない計画に分けて立案実行。また、情報共有を促進するため、日々の改善を報告する週末ミーティングを開始する。ここで、㈱永沢工機様工場見学会に参加出来なかった従業員から、「何のための改善活動なのか」という疑問の声が上がり、意思の疎通が取れていないことに気づく。

トライアルセット